カリフォルニア放浪記

さて、Expo以降は一路King cityへ。
前回同様、使用機体はPitts S2B N50AL。
タイミング良くチームのみんなもKing cityでエアショーの練習中だった。
c0049105_13344343.jpg
チームの機体と一緒に。今考えても凄いタイミングだコレ。




今回のトレーニングは2日間4フライト。主に集中的にやったのはLanding。
とにかくPittsを使ってのLandingは難しい。少しずつ形にはなってきてるけど。
その他は今年のSportmanカテゴリのシークエンスをおさらい。
精度が上がってきてはいるけど、Spinを終える角度のコントロールと高度制御がまだ甘い。
インストラクターからの評価は低くはないけど、自分の中で納得出来るシークエンスでは・・・。
ま、何事も練習。とにかく練習。

あぁ、そうそう。トレーニング初日だった11月10日。一つ年が増えた。
幸運なことにチーム全員が揃ってる日で、みんなにお祝いしてもらえたよ。
自分の誕生日に自分の居たい場所にいて自分の会いたかった人達と一緒に好きな事をする。
これ以上の幸せは、ないのかもなぁ。

2日間を終えての状況としては、
あと数回のLanding practiceとEmergencyの対応を身につければPittsソロOKらしい。
要するに、曲技用の機体のチェックアウト。意味合いは大きい。
次のトレーニングでそうなれれば技術の伸びは一気に加速しそう。
自分独りのフライトで得られる事が実は思いのほか大事だって事に今更ながら気づいた。
頑張るべ。


以下はカリフォルニア(主にサンフランシスコ周辺)の写真。
c0049105_13492484.jpg
Treasure islandから撮ったサンフランシスコの写真。
全体像を見るにはいい場所だったかもしれない。寒かったけど。
c0049105_13503560.jpg
ダウンタウンを走って思ったのが「とにかく急坂が多い!」だった。
想像以上のアップダウン。車を駐車するときは前輪を縁石に向けて切らないとマジで危ない。
c0049105_13513973.jpg
Japan center。最初は余りにも日本っぽくて笑った(紀伊国屋とかあったし)。
でも、次の瞬間余りにも規模が小さくてしょんぼりした(食べたラーメンもイマイチだったし)。
c0049105_1354911.jpg
写真右に写ってるのはバス、かな?ケーブルカーっぽい配線だったけど。
機会があったら一度乗ってみたい。にしてもこの道の勾配のキツさったらないね!
c0049105_13551819.jpg
フィッシャーマンズワーフにも行って来た。
最初は高い店でお昼食べよう!とか思ってたけど結局手頃なところへ。身分相応。
c0049105_13563361.jpg
サンフランシスコの北にあるゴールデンゲートブリッジ。
昼前だったにもかかわらず霧に包まれてた。何故か北向き通行は無料。南向きは6ドル。
c0049105_1358085.jpg
Petalumaで行われたエアショー・・・が終わったところ。
手前左はご存知の通りショーン・タッカーの機体。右側はCubcrafterのCub。
この場所も奥に綺麗な丘陵が並んでる場所でいい所だった。

あぁ、もうっ、カリフォルニアで飛びたい!!
[PR]

by Twintailwings | 2008-11-18 14:01 | Aviation  

<< お知らせ 第2回カリフォルニア訪問記 >>