あの成分が足りない

今日は朝から北東にあるLivermoreへ。
実に約8ヶ月ぶりに飛んだ。

これで。



c0049105_13535279.jpg
Pitts S2C型。
ホントに久しぶりに、と言う気分。確かに今年に入ってから初のアクロバットだった。
King cityとはまた違った感じ。空域にしても機体のクセにしても若干の違いが。

ただ、空に行ってからはそんな事もおかまいなしに開放モード。
約1時間のフライトの中でやったマニューバーが16個、約4分ごとに違う事をやってる。
以下に一覧。

・Aileron roll
・Slow roll
・Snap roll
・Vertical roll
・Loop
・Avalanche
・Push down & Pull up Humpty
・Hammer head
・Double hammer head
・ラムシェバック(スペルどうだっけ・・・)
・Right right
・Upright spin
・Upright flat spin
・Inverted spin
・Inverted flat spin
・Half cuban

OK、許容限界ギリギリ。さすがに途中で一瞬具合が悪くなった。
普段から身体作りはしてるけど、やっぱり本物のフライトに勝るもの無し。
特にアレだ、内臓。使ってないから前より弱くなってる。Gでかき回されて耐えられてない。
自分の耐G性能も若干落ちてるし、いかに日々飛ぶって事が大事か良く分かる。

ただ、今日の負荷はかなり良かった。身体が高負荷のGを求めてたらしい。
朝から今まで(夜8時)ずっと気分が盛り上がりっぱなし。超ハイテンション。
勢いがつきすぎてヤバイ感じがするぐらい。今CFIのチェック受けたら受かるかもしれない!?

何て言うかコレはもうアレだね。G中毒。天然のDrugか。
適度に身体に染み込ませると充実した人生が送れるかもしれない。

明日はKing cityへ行って、久しぶりにチームのみんなと話す予定。
今月末の予定決めなきゃ。
[PR]

by Twintailwings | 2009-07-06 14:09 | Aviation  

<< 今後意識して変えていかなければ... 花火観てきた >>