漬けた

ふと、思い立ってキムチを漬けてみた。
そもそもの始まりはなんだったっけ?こっちでキムチ買うと高いから作っちゃえ、だっけ?

まずは、完成品の写真から。
c0049105_333661.jpg
白菜4分の3を使ってタッパー1.5個分。漬物だからかなり縮む。




と、言っても時間はかかっても手間がかかってるわけでもなく。まずは、材料準備。

白菜:標準サイズで。
塩水:レシピによって塩分濃度は様々4,5%ってのもあれば15%ってのもあった。今回は15%で。
ニラ:一束の半分ちょっとぐらいあれば多分充分。
唐辛子:粉末と鷹の爪使ってみた。
出汁の代わりにめんつゆを少々。


以上。
あとはボウルと漬物石代わりに使う物があれば大丈夫。

作り方

塩水作成。分量は白菜が漬かりつつ、水が抜けて来た時にボウルから溢れ出ない程度に。
で、入れたら上にクッキングシートなり何なりをかぶせとく。勿論専用の物があればベター。
c0049105_3375392.jpg
ここに漬物石代わりの鍋に水を入れてドン。
c0049105_3385767.jpg
さぁ、じっくり漬かってもらおうか。
温度次第らしいけど、大体12時間(夏場)-24時間(冬場)ぐらいが目安とのこと。
多分、塩分濃度によって変わる気がする。浸透圧の関係?
まぁ、好みに応じて漬ければいいんじゃなかろうか。自分で作るんだし。

漬けあがったら、塩抜き。ちなみに15%の濃度はしょっぱすぎてダメな気がする。
塩抜きは流水で、との事だったけど、結構長時間やらなきゃいけないっぽかったから断念。
代わりにボウルに水を張りなおして1日ぐらい放置してた。どうだろう、ダメかやっぱり。

ちなみに一回目に使った塩水はある程度塩分が薄くなって浅漬けに良さそうだったので
即座に2個目の白菜を買って使いまわし・・・もホントはしない方がいいんだろうねぇ。

さて、塩抜きが終わったら本漬けに。
水に粉末の唐辛子と荒切りにした鷹の爪(種は取り除く)を入れて混ぜる。
そこに少量のめんつゆは出汁+その他効果を期待して入れてみた。
市販のキムチにはイカとかアミ(小さいエビ?)の塩辛とか入ってるらしいね。知らなかったよ。
ちなみにその辺を買い揃えようとすると普通にキムチ買った方が安くなるので却下で。
摩り下ろした生姜とかニンニクも入れると美味しいかもしれない。あったのに忘れた。。
ニラも3,4センチぐらいに切って混ぜておく。
c0049105_3553946.jpg
本漬け用の物を拡大。
もうちょっと量があっても良かったかもしれない。取りあえず勘で準備。
c0049105_356086.jpg
後は白菜を赤くするだけ。
ボウルが小さかったので少しずつ入れて取り出し、入れて取り出しを繰り返して満遍なく。
c0049105_3585418.jpg
大き目のタッパーにラップを敷いてそこに投入。
なるべく空気が入らないようにしてフタしたら冷蔵庫へ。
浅漬けならそのまま食べられるらしいけど、熟成3,4日目ぐらいが一番美味しいらしい。
余談だけど、浅漬けにしたキムチの味が辛子明太子のように感じられたのはなんでだろう?
唐辛子のせいか?インドのスーパーで買ったカレーに使うやつなんだけど。

熟成後に明太子からキムチになってるかは不明。明日にでも食べてみよう。

価格比較。
市販キムチ:値段5ドル前後。
自家製キムチ:白菜80セント、ニラ1ドルちょい、塩、唐辛子、めんつゆは余り物。
トータル価格が2ドル50ぐらいだろうか。出来た量は市販の1.5倍。
味さえ悪くなければ今後も継続してみようかね。
[PR]

by Twintailwings | 2010-04-20 04:04 | 料理とお酒  

<< ボヨンッ☆ 宇宙へ >>