混乱中

今日のフライトはちょっとややこしかった…。
取り合えず、整理する意味も兼ねてメモ書き。
後で見直すときに使おう。。




・機首上げ(下げ)で高度コントロール可能。
・パワー増(減)で速度コントロール可能。
・同時に、速度増(減)で揚力変化が起きるので、高度コントロールが可能。
・さらに、機首上げ(下げ)時に速度変化が発生。

今日の訓練内容。
・速度一定のまま、高度のみ変える。ただし、パワーの変化のみでコントロール
・高度一定のまま、速度のみ変える。ただし、機首上げ下げのみでコントロール


速度一定飛行時の操作ポイント(高度変化)
・上昇はパワーを足して機首をやや抑える。
(パワー増による揚力増加、それに伴う速度減少を補うために機首を下げる)
・下降は、パワーを下げて、機首上げをする。
(パワー減によって揚力減少、機首が下がって速度が増えやすいので上げて調節)

高度一定飛行時の操作ポイント(速度変化)
・速度増加は機首下げ、パワーを若干増加
(機首下げによって速度が増えるが、そのままだと降下するのでパワー増)
・速度減少は機首上げ、パワーを若干減少
(機首上げによって速度が減少するが、そのままだと上昇するのでパワー減)
この二つはとにかく舵が重い。要筋トレか。

今回、この速度一定飛行(Constant speed + climb&descent)
これが厄介だった。きちんと出来てる時はいいんだけど、高度が変わった場合、


問題点
・高度が上がった場合
一言で言うと、降下したい。今日の訓練では高度変化はパワーで調節するので、
元の高度に戻すためパワーを絞るけど、そうなると、
機首が下がる→速度が上がる→速度上昇を抑えるために機首上げ→
機首上げすると普通高度は上がる→どっちだよ…。

・高度が下がった場合
一言で言うと上昇したい。上昇するためにはパワー増。そうすると、
機首が上がる→速度が下がる→速度減少を抑えるために機首下げ→
機首下げすると普通高度は下がる→どっちだよ!ヾ(`Д´)ノ


多分、高度変化時のパワーと機首の調節具合が上手くいってないんだと思う。
理屈では理解してるんだけど、実際に飛んでみると、体感と計器の数値が噛み合わない。
トリムを使うってのも手なんだろうけど、まだ上手く使えてない感じ。

普通のフライトでは恐らくこう言う操作はせずに、
高度を変えたければ機首変化で調節して、速度を変えたければパワーで調節でOK。

全くもってややこしい。
明日も同じ訓練(+今日出来なかった失速リカバリー)だと思うので、
今日中に整理して明日までに修正しなきゃ。

頭から煙出そう・・・(==;
[PR]

by Twintailwings | 2007-09-25 12:57 | Aviation  

<< The・失速 First landing >>