The・失速

今日は、とにかく飛びまくった気がする。
自分の訓練として1時間、他の人の訓練飛行に同乗(後部席)で3時間。

純粋な飛行時間以外にも、Taxiingや点検の時間があるから、
実質5時間超、6時間近く飛行機の中にいた計算になりそう。
疲れてはいるけど、こういう疲れなら歓迎かな(笑)。

今日の訓練のメインは失速からのリカバリー。
以下に詳細を。




想定としては、
着陸進入時の失速と、離陸上昇時の失速。

どっちも実際に起こっちゃうとかなりヤバイ。一番気をつけるべき事かもしれない。
だからこそ、訓練で今のうちにリカバリー方法をしっかり覚えておく、という趣旨。

訓練時は高度5500ftぐらいまで上がってやるので、特に危険な感じはしないけど、
失速する直前に機体がガタガタ揺れだしたり、フッと機首が下がって降下する瞬間は
「あ~、これ実際に起こったら確かにヤバイ」と思わせるには充分。

上記の着陸時、離陸時の失速はpower on、power off stall、
その後にやったPower on stall with turningがいわゆるスピンの一歩手前。
曲技飛行の時にはお世話になるマニューバーかな。
いずれ必要になる・・のかも(笑)?ま、先の話だ。


今日撮った一枚。
朝方に見た、波のように連なる長ーーーい雲の帯。
こんなの見たことないよ。
c0049105_11354271.jpg

[PR]

by Twintailwings | 2007-09-26 11:35 | Aviation  

<< Touch & Goes 混乱中 >>