Touch & Goes

昨日はクロスカントリーに同乗して、自分の訓練もやったら電池切れ。
帰って早々に爆睡してしまった。。

訓練内容はS字旋回と、定点旋回。分かりにくい写真だけど、こんな感じ。
c0049105_9342885.jpg
どっちも風のある中でやるので、追い風の時は旋回半径が大きく、
向かい風の時は旋回半径が小さくなるので、それを考えつつ綺麗に回らないとダメ。
矢印が風及び進行方向。大体は下に見える道を基準に旋回開始。

風に流される分を考慮すると言うより、風によって対地速度が変わる事を考慮する感じ。
頭では理解できてるんだけど、実際は…。

まぁ、一応OK出たけど要練習かな。




で、今日の訓練はTouch&Go
ただひたすら滑走路の周りを飛び回っては着陸と離陸を繰り返す訓練。
Privateの資格だとそんなに気にしなくていいけど、今後の事を考えると、
着陸回数を増やしておくのはそれなりに大事。

Touch&Goも着陸にカウントされるから、今日の着陸回数は5回。
Clean Landingは………0。まだフレアの感覚を掴み切れてない。。

Approachはvery niceらしいから、あとは接地までの十数秒の操作だけ。
ゴトンッって言わせるんじゃなく、キュキュキュっと降りてみたいなぁ。頑張らねば。

今日のまとめとして、着陸前の確認事項列記しておしまい。

A…Auto pilot off(C-172は未装備)
B…Boost pump on(同上)
C…Carb heat on,check all lights(エンスト防止+明かりの確保)
G…Gas check & select(C-172はBothスイッチがあるので問題なし)
U…Under carriage down(脚は出しっぱなしなのでBrake checkだけ)
M…Mixture set(飛行中は常にBest setting)
P…Prop(C-172はFixed pitchなので変更不可)
S…Seatbelt & Harnesses(しっかり確認)


以上。
[PR]

by Twintailwings | 2007-09-28 09:54 | Aviation  

<< 風よ止まれ! The・失速 >>