一発勝負失敗

はぁ…




予約をしておいた帰国用のチケットの日取りと試験官の予定を加味した結果、
今日しかオーラル&チェックライドを受ける日がなかったんだけど、
と言うか実際今日受けたんだけど、

結果:オーラル合格、チェックライド不合格。

我ながらバカみたいなミスをやらかした。
最初にクロスカントリーをある程度やって、途中でキャンセルし、戻ってきてアプローチ
の予定だったんだけど、GPSのウェイポイント設定で、本当は
ポイントAからCへ行く際に、BからCへのルートに沿って飛ばなきゃいけない(Airway)のに
ダイレクトにA→Cのルートを設定(GPSだとそれが可能)。まさしく蛇足。
IFRだったからFSS(Flight Service Station)にプランをファイルして、Clearanceをもらってのフライト。

VFRとは違って、IFRはファイルした通りに飛ばなきゃいけないから、↑のGPS設定だとダメ。
実際に飛んで行けないか?って行ったらそんな事はなく、エアウェイとGPS設定ルートで
地理的な道筋にほとんど違いはないんだけど、計器にはそれがハッキリ表れる。
よって不合格。あまりの自分の馬鹿さ加減にうんざりしてる。

ただ単に、LBB→LBB-VOR→GTHって入れればいいのに、何で直接LBB→GTHにしちゃうかね…。
確かに目的地はGTHなんだけどさ。GPS使ったせいで直接飛べる余計なルートが出来ちまった。

冷静に原因を考えてみるなら、GPSへの知識不足。それだけ。ホントそれだけ。入力不足の一言。
プラスアルファの理由としてはIFRクロスカントリーの経験が充分じゃなかったって事か。
普段教わってるメインインストラクターもInstrumentのチェックライドへPPを送り出した事がなかったってのもひょっとしたら響いたかもしれない。理由にはしたくないが。

何にせよ、ダメだったものはダメ。帰国時期延期。
月末にはどうあっても日本にいる必要があるから、次がホントにラストチャンス。
天気予報まずまず、猶予期間5日、後は自分の腕と運次第。

別に無理に帰国前に取る必要はない、と言う事も出来るけど、砕けたプライドの最後の意地。
同じミスは繰り返さない。

ただ、この世界では一つのミスが取り返しのつかない事態を招いたりする事もあるから、
一発勝負のために最大限の準備をして、100%成功させ続けるのが義務。と言うか最低ライン。
今日はそれが出来なかった。
正直「自分の力量はこの程度かよ」って思う部分もかなりある。情けねぇな。ホントに。

何が足りないって、努力と資質と真剣さが明らかに不充分。
今の自分の立ってる位置がよく分かった。まるで話にならん。甘く考えすぎてる。

あーあ。
[PR]

by Twintailwings | 2008-01-15 11:28 | Aviation  

<< 落ち着いた 見て学べ >>