My wings

キリのいい日付だし、ここいらで新カテゴリー。
今まで俺が乗った、正確には操縦した機体一覧。
当然今後も増えていくはず。ある意味、俺の空における軌跡でもある。

リタイヤするまでに果たして何機乗れるかね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
High Wings Airplane

C-172N SKYHAWK 6326J
c0049105_1071734.jpg
いわずと知れた(?)俺に取って最初の機体。
初ソロもこれ。PPL取得もこれ。小型機の代名詞的存在。とにかく癖のない素直さが良。
---------------------------------------------------------------------------
C-172 SP SKYHAWK 680MR
c0049105_10173950.jpg
エンジン性能を向上させた機体。N型の後にSP型に乗るとその違いにびっくりする。
とにかく舵が軽いので良くも悪くも簡単に姿勢が変化。操作性のダイレクト感はやや下がる。
---------------------------------------------------------------------------
Bellanca 7KCAB Citabria B
c0049105_93439100.jpg
俺にとって初めて操縦したTail Draggerって事に。
エンジンは150BHPながら機体重量が非常に軽いため、操作に余裕を感じる。
かつては全米Aerobaticsで優勝したこともあるシリーズらしい。普段の機体とは全く別物。
コントロールスティック、タンデムシート。操縦は右手、パワー系は左手。
ラダーの使い方も結構重要になってくる。より3次元的な動き方が出来る機体。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Low Wings Airplane

PA28-140 Piper Cherokee 2386T
c0049105_10442478.jpg
現時点で最も速度が遅い機体。TAS100kt。
天気の良い風の穏やかな日にのんびり飛ぶには最適。
Slow flightの楽しさを教えてくれた機体。その分、色んな所へ行きたい時は少し物足りないかも。
---------------------------------------------------------------------------
PA28-180 Piper Cherokee 6594J
c0049105_1047554.jpg
機体のカラーリングから別名「Tweety Bird」。
140型の操作性そのまま上位互換。運動性能が高いけど流石にアクロバットは無理。残念。
---------------------------------------------------------------------------
PA20-180 Piper Cherokee 828MC
c0049105_1052433.jpg
Tweetyと全く同型、同タイプの機体。
PiperはアメリカだとCessnaと並ぶほどメジャーなメーカー。
低翼機の利点として、横風の時に安定性が高い事が挙げられる。ビギナーでも扱いやすい。
---------------------------------------------------------------------------
PA28-181 Archer 354MR
c0049105_10572145.jpg
180型とほぼ同じ性能、同じ外観。
一番の違いは計器類で、新鋭機のスタンダード的装備が全て揃った機体。
GPSやオートパイロットは他の機体でも揃ってたりするけど、これの質はかなり高い。
アナログからデジタルへ変化した機体。ある意味ここが飛行機世代の分かれ目かも?
---------------------------------------------------------------------------
PA28R-200 Arrow 41585
c0049105_1115876.jpg
Retractable Gear、Constant speed propを備えた機体。
200BHP未満なのでHigh performanceにはならないけど、Commercialの訓練では必須。
いわゆる引き込み脚なので抵抗が減る分速度も速い。ただ、固定脚に比べると少し重たい。
操作性は他の低翼機とほとんど変わらない。ただ、着陸する際の操作は別物。
Complex Airplaneとも言われる。今後はこのタイプの機体に乗る機会も増えるはず。
---------------------------------------------------------------------------
Beech E-95 Travelair 638T & 13AW
c0049105_953496.jpg
180馬力のエンジンを二つ装備した機体。いわゆる軽量タイプのMulti Engine Aircraft。
エンジンの数が一つから二つになった事により、全体的なパフォーマンスが向上。
ただし、付随する起こりうる問題も当然増加。特に片方のエンジンが止まると性能は約90%低下。
普段のフライトでのControlabilityは単発機とそれ程変わらず。
計器類も若干増えるだけで基本的な部分は一緒なので、混乱せずに操縦に専念できる。
集中的なトレーニングで基本的な操縦は出来るようになってるけど、常にこれで飛んでいたいか、
と聞かれると、まだYesとは言い辛い。全体的にMultiの機体に対してはまだ経験不足。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bi-wings airplane

Pitts S2B 50AL
c0049105_251490.jpg
初の本格的な曲技訓練を行った機体。260馬力のエンジンに対して機体重量が非常に軽い。
耐G性能は+6/-3。以前乗ったシタブリアと同様にタンデム、コントロールスティック。
現状では機体の性能に中身の腕が追いついてない状態。ポテンシャルは非常に高い。

Pitts S2C 7XQ
c0049105_2592824.jpg
S2Bの上位互換的な機体だけど、実際の違いは耐G性能だけ、と言っていいぐらい相似。
ポジティブの限度は同様に6ながら、ネガティブの限度が5まで引き上げられている。
これによって、ネガティブGのかかるマニューバーも可能に。
ラムシェバックやテールスライドでもビクともしない頼もしさがある。

現在11機を操縦。
[PR]

by Twintailwings | 2008-03-01 03:01 | 航空機名鑑  

<< やっばい 意外なところで日本食 >>