Sun 'N Fun

4月9日
さて、無事に一夜を明かせたところで再びLakelandへ。
丸一日居られるし、じっくり見て周るかなって感じでエアショーへGo。

取りあえずP-51でも置いておこう。
c0049105_11403444.jpg
何と言うか、二人乗りのくせに有り得んほどでかい。
コンパクトかつハイスペックな方が自分の好みだけど、存在感は確かに凄かった。




この日は前日にカバーしきれなかった展示ブースを見て周った。
計器を小売してる場所やら、ホームビルドのパーツ(それこそネジ一本から)を売ってる場所やら
挙句、飛行機まるまる一機売ってる場所やらを一通り。

個人的にAerobaticsとそれ用の機体に興味が。
と言うかむしろやりたい。実現させたい当面の夢と言うか目標。
ま、日本でもじわじわと知名度が出てきたけど、知らない人も多いってのも事実。

こんなの。最大望遠だけど小さい。し、繋ぎも相変わらず。ま、イメージが作れれば。
とにかく、見てるだけで疼く。見るよりもやる方が絶対に面白いだろうし。
去年の俺は全くの素人だったけど、今は一応駆け出しパイロットなだけに余計。

ちなみに、動画の機体はMXS。
Aerobaticsと言えばExtraシリーズやEdgeがメジャーだけど、
今回のイベントでMXS、それからXtreme3000の2つの新機種(?)を発見。
Redbull Air RaceやAerobatics世界選手権の勢力図が変わるかもしれない。

MXS、一機展示されてたので撮ってみた。動画とは色違いだけどイイ。ホシィ・・・
c0049105_1151483.jpg
カッコイイワァ。
この機体で思う存分飛んでみたい…と思わずにはいられない。
ただ、この国じゃFreedom is not Freeだけど。目指すだけ目指そう。

単独でのインパクトはコレに勝る物なし、って感じだったけど、
Formation Flightでは他を圧倒するほど綺麗だったのがこの写真。
c0049105_11584851.jpg
Aeroshell Aerobatics TeamのT-6。4機編隊。
性能的には現行の曲技機に遥かに及ばないんだけど、何と言うか
古いなら古いなりの見せ方、存在感の示し方を心得てるっていう感じ。
MXSが凄い!なら、このチームは綺麗の一言に尽きる。空に映えてた。

思う存分エアショーを堪能し、好きなだけ駐機してる飛行機を見て、
また、夕方に離発着する一般の機体を眺める。
この日は前日の教訓を活かし、予め泊る場所も決めておいたから焦る必要も無し。
c0049105_1242951.jpg
写ってるのはUltra light。
速度が出ない分のんびり飛んでるんだけど、なんだか散歩で飛んでるような軽やかさ。
こういうのもアリだと思った。風が強いとかなり大変だろうけど(笑)。

日暮れまでゆっくり過ごして、Motelにチェックイン。
その後、レストランで久々にまともな食事を取って就寝。充実充実。

Flight time 0時間 Total 12.2時間

4月10日へつづく。
[PR]

by Twintailwings | 2008-04-15 12:08 | Aviation  

<< 帰途へ Lakelandへ >>