ここ数日

雨ばっかりでチェックライド用の練習は出来ず。その代わり、日々座学。

おかげで、少しだけ進んだ気がする。
けど、目に見えて足りてないのは変わらず。

時間が欲しい。
うがー。






移動日は雨だった。飛行気乗りにとって、雨の日は悪魔の誕生日だ。
日頃はしゃがない奴がはしゃぎだすのにびくびくしながら、憂鬱な一日が早く終わってくれたら、
と願うことになる。

キャノピィに取りついた水滴の一つ一つが、まるで地獄からのコントロールで動いていて、
滑走路が近づいてくると、突然ボンネットの上ににやりと笑った顔が現れたりするのでは、
という予感に襲われる。

雲の上に出てしまえば、天候など無関係。だから、上がるときはひたすら地球の本能に逆らって、
とにかく上っていけば憂鬱からは逃れられる。ところが、天使になれなかった僕たちは、
最後は地上へ戻らなくてはならないのだ。

高度が下がるとともに地面の憂鬱がぶり返すことになる。
人間はそんな湿っぽい地面に張りついて・・・
                             Sky crawler 第4話 スピンナより



そういえば今日は。

雨・・・とはね。

空が憎しみと悲しみで満たされる。

そんな日が二度と来ないことだけを、ただ願う。
[PR]

by Twintailwings | 2008-09-12 06:36 | Aviation  

<< 空飛ぶ犬 壊れる前のバリケード >>