Dance in the sky part2

二日目も朝から夕方までずっとスクールへ。
建物自体は凄くこじんまりとした感じなんだけど、入り口を入った瞬間に見える物が




c0049105_2555115.jpg
c0049105_2565111.jpg
c0049105_2571122.jpg
棚一面、壁一面にショーン・タッカーの偉業の記録の数々が。
これでもまだ一部らしい。

さて、二日目に入って行ったトレーニング。
初日と同様に午前、午後の2フライト。Shipは昨日載せたPitts S2B 50AL。

昨日の復習:Spin+、Wingover、Ballistic,Barrel,Slow rolls。
新マニューバー:Loop,Spin+Accel,Half Cuban,Reverse Harf Cuban,Immelman,
Split S,Hammerhead,Spin+Flat,Micro loop,Spin-Flat。

相変わらずの量。書いてるだけで「こんなにやったのか」って感じがする。

以下、マニューバー解説
Loop
いわゆる宙返り。地球へ向かって縦方向へ360度クルッと。
ピッツS2Bでのエントリースピードは大体160-180MPHぐらい。
引き起こしは3-4G、トップで1-2G、ボトムで4G前後。もちろん速ければもっとキツくなる。
c0049105_349491.jpg

Spin+Accel
アップライトスピンのアクセラレート型。回転速度が一気に上がって世界がグルグル回る。
コントロールはエレベーターを若干ニュートラル寄りにするだけ。リカバリーは一緒。
Half Cuban&Reverse Half Cuban
Cuban eightっていうマニューバーを半分だけ行う物。
エントリーはUprightがHalf Cuban、InvertがReverse。
c0049105_3525478.jpg

Immelman turn
ハーフループをして、トップで180度のエルロンロールでアップライトに戻る。
この技術が確立されたのは第一次大戦の初期らしい。基本であり大事なマニューバー。
ループとロールの技術があれば比較的簡単に出来る。でも、シンプルな物ほど侮れない。
c0049105_3522375.jpg

Split S
インメルマンターンの逆型。アップライトから背面に入れて一気に引き起こしていく。
このマニューバーはGへの耐性テストにも使える。速度が速ければそれだけ負荷も大きい。
俺の引き起こしでは+4.8Gまでかかった。幸いなことにグレイアウトもブラックアウトも無し。
c0049105_3532326.jpg

Hammerhead
ハンマーヘッド、金槌型の軌跡を描くマニューバー。
垂直上昇をして、徐々に速度が落ちてきたところで一気にラダーを蹴りこむ。
そうすると、垂直上昇姿勢から垂直降下姿勢へ機首がグルッと回転する。
この動画だとVerticalのロールとスナップロールが入ってるけど、
空から地面へ向かって回ったのがハンマーヘッド。結構このマニューバー好きな人多いらしい。
ちなみにプッシャじゃ出来ないってのを補足として書いとく。
Micro Loop
Loopの発展型。本来のエントリースピードよりもかなり低い速度で行うループ。
俺の最低速度記録は100MPH前後からのエントリー。とにかくラダー操作が忙しい。
ただ、上手く出来ればループの頂点でほとんど降下することなくアップライトに戻れる。
ちなみにインストラクターの記録は90MPHらしい。あと10MPHか・・・。
Spin-Flat
これは完全に俺のミス。本来この日にやる内容じゃなかったけど、Slow Loopに入れる時に
トップで完全に失速してそのままスピンに入った。もちろん意図せずに。
状況としては背面状態でテールが下がり、そのままスピンに。言葉じゃうまく言えない。以下動画。
リカバリーもこの通り。
Power idle、Full opposite rudder、Stick neutral。
最初は自分の姿勢を一瞬見失う。ラダーで回復させる時に慣れてないと逆に加速させちゃったり。
この時もやっぱり最初は違うラダーを踏み込んで、止まらないから逆を使ってリカバリー。
不思議と焦らなかった。「あ~、回っちまったかぁ」って感じ。

ただ、Invert(背面)のスピンは未だにどっちのラダーを踏むべきか頭で理解できてない。
ホントは良くないんだろうけど、現状だと機体の動きを感じるままにリカバリーやってる。
しっかり理解しとかないとこの時みたいに不意に入った時に困る。

おまけの一枚。
スクール内の機体でトレーニングに使えるのはPittsS2B,S2CとExtra300Lだけど
ショーン・タッカーのチームの機体もちょくちょく留めにくる。
c0049105_471773.jpg
Zivko Edge540とExtra300L。
Extraはスクールの機体でもありチームの機体でもあるから珍しくないけど、
Edge540は久々に見た。ちなみに映ってる人、プロのエアショーパイロット。
もちろんこの後色々話を聞かせてもらった。滅多にあるもんじゃないし。

と言うわけで3日目へ。
余談だけど、今回の動画は全て転載物。誤解を招きそうなので念のため。
[PR]

by Twintailwings | 2008-10-02 04:06 | Aviation  

<< Dance in the sk... Dance in the sk... >>